アメリカの精神医学者・Butlerが
1960年代に提唱した
『回想法』
いま医療や福祉の分野で
注目されています

高齢者に
過去の個人的体験について様々な質問を投げかけ
『思い出して、語ってもらう』こと
その行為が、脳のシナプス群を刺激し
記憶・認知・感情面で脳の働きを活性化させ
認知症の予防や改善に大きな効果があることが
臨床・介護の現場で報告されているのです
また、健康な人も
回想を通じて真摯に過去と向き合い
これまでの人生を総括することで
未来に対し前向きになる
つまり
生きる意欲が向上するといわれています

ビジュアライフは
映像ドキュメンタリー制作に
回想法の手法を採り入れ
『記録する』、『懐かしむ』だけでなく
『元気になる』ことも目指します